ECO、だからスーパーチップ


抵抗溶接の業界では、インバーター電源、サーボモーターガン、チップ研磨装置などと周辺機器が進化する中、今だクロム銅がスポット溶接用電極材として主流を占めています。
短くなるまでチップ研磨をすれば、チップ1ヶ当たりのコストは下がりますが、クロム銅は鈍り、導電率を下げてまで優先された材料硬度は意味を持ちません。
導電率が低いことにより、周辺機器の進化した能力を生しきれずメッキ鋼板などの厄介な溶接の条件に翻弄され、結局高価なアルミ分散強化銅などで補うしか無くなってしまいます。
高導電率のスーパーチップを使用すれば、クロム銅に比べ電気使用量は実質的に減り、亜鉛メッキ鋼板などへのチップ張付が減り、消耗品予算も減ります。



クロム銅が使われてきた時代の環境が変わってきています、今だからSUPER−TIP!







標準スーパーチップ寸法表
 (在庫品)


Model D d1 L L2
W-CTR-13X6Z 13 10.0 20 9
W-CTR-16X6Z 16 12.6 23 11
Material = WSTZ





 ショッピングカートへ

商品に関するお問合せは、info@weldparts.com



〒470-0126 愛知県日進市赤池町モチロ61-378 Tel. 052-848-8936 Fax. 052-848-8937
Copyright 2010, Weldparts Co., Ltd. All rights reserved.